読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ずーまーのめがね o-o、

ずーまーの、旅と食べ物と仕事と、たまにめがねなぶろぐ。

IoTデバイスのショールーム、Palo Altoの「b8ta」に行ってみた。

 周辺にはスタンフォード大学にGoogle本社と、いわゆるシリコンバレーにあるPalo Altoで2015年12月にOpenした、ベータ版、製品版の各種IoTデバイスをその場で体験・購入ができるショールーム「b8ta」(ベータ)に行ってきた。

f:id:zumablog:20170315045605j:image

 

 

 名前の由来は製品リリース前の試作版、「ベータ版」からだと思われる。「E」の代わりに「8」を使うあたりがシリコンバレー流のおしゃれポイント、だと思う。

 

Address:516 Bryant St, Palo Alto, CA 94301

Palo AltoのほかにSanta Monica、Seattleに支店があるそう。

 

f:id:zumablog:20170315045438j:image

 

 店内はシンプルでラボ的な雰囲気で、渋谷の「Connectly Lab.」に近いコンセプト。

 平日の昼間だからか、客は自分のみ。

 

 店内はデバイスのコンセプト毎に「Sense」「Home」「Play」「Move」の大きく4つのエリアに別れており、約100個近くのデバイスが展示・販売されている。

・Sense:健康、感覚、体調に関するウェアラブル端末を中心にしたデバイス

・Home:オートロック、インテリア、生活全般に関する家具タイプのデバイス

・Play:娯楽、ゲーム、子供向けの玩具タイプのデバイス

・Move:各種アクティビティや旅行など、アウトドアに関するデバイス

 

 イケメンのお兄さんがデバイスの説明をひとつひとつ丁寧にしてくれる。 

 f:id:zumablog:20170315050754j:image

 ここで店員さんのお気に入りデバイス5選をここで紹介!

 

1:UPRIGHT(Sense)$129.99

 

f:id:zumablog:20170315050840j:image

 

 姿勢矯正デバイス。背筋ピーンにしてくれる。

 背中に直にはっつけるタイプのウェアラブル端末でセンサーが内蔵されており、猫背になるとブルブル振動して知らせてくれる。

 

f:id:zumablog:20170315050925j:image

 

 バイブレーションだけじゃなく、電気が走る仕組みにしたらもっと面白いと思う。

 

 

2:Neo Smartpen N2(Home)$169.99

 

f:id:zumablog:20170315051144j:image

 

 リアルで書いたものがそのままデータとして保存されるスマートペン。

 最新のBluetooth Smartで接続、スマートペンを使う上でのストレス(データの遅延、重さなど)を限りなく低くした点が他のスマートペンとの違い。

 

f:id:zumablog:20170315051251j:image

 

 店員のおねーさんが使い方を教えてくれた。

 「かっこいい漢字書いて!」とお願いしてきたので書いた漢字が「夢」。

 あめりかんどりーむ。

韓国のメーカーらしく、サイトは日本語でも閲覧できる。

 

3:NAVRY - LOOK FORWARD(Move)$799.00

 

f:id:zumablog:20170315051458j:image

 

 車の運転カーナビの最新FID(フロントインフォディスプレイ)。

 他のFIDとの違いはスマホのSiri・Google Assistantと繋げることでMapの表示はもちろん、通話やメッセージの読み上げ、音楽の再生などをハンズフリーで行うことができる点。

 

横から見ると普通の透明なアクリル板だけど、

 

f:id:zumablog:20170315051632j:image

 

 正面からみると奥行きがある立体的な映像が!SF感すごい。そういえば宇宙兄弟にもこんなデバイスがあったような。

 これでリアルマリオカートとかできたら面白そう。

 高機能だけど本体がそこそこ大きい。

 

4:bluesmart(Move)$449.00

 

f:id:zumablog:20170315051802j:image

 

 スマホでの遠隔ロック、追跡用GPS、USB対応充電バッテリー、重量計付きのハイテクスーツケース。

 盗難対策はこれでばっちり。

でも重いのが難点 。

 

5:SUBPAC(Play)$299.00

 

f:id:zumablog:20170315051919j:image

 

 フィジカルオーディオと呼ばれるもので、バックパックのように背中に背負うか、イスに固定して使う。

 映画やゲームなどの映像に連動して振動するので、まるで映画館の4DXが楽しめる感じ。

重低音がすごく、爆発シーンが多いアクション映画、FPSとの相性がいい。

 

f:id:zumablog:20170315052050j:image

 

 ぶるぶるする。ずっと使ってたらお腹周りが痩せそう。

 

 

 結局一時間近くも滞在してしまった。。。

 この他にも興味引き立てられる様々なデバイスがあり、改めて技術の進歩は目覚ましいものだなと感じた。

 特に健康系のデバイスは非常に多岐に渡っていて(オンラインの聴診器や体温計で遠隔で通院ができるデバイス、脳波測定など)、そんなものまで?というものが多かった印象。

 健康志向な西海岸ならでは。

 Palo Altoに来られる際はぜひ立ち寄ってみては?

f:id:zumablog:20170315052223j:image

VRもいっぱいある。

 

<参考>

b8ta.com